インカの目覚めとはこのこと!

こんにちは!premium stone gallery 恵比寿店長の沖本です。

イエーーイ!

思わず小躍りする感じの石がやってきました♪

店をオープンしてから5年、 もはや絶滅したとあきらめていた石に出会えたんです(^^)

こちらの石です。

インスタグラムに投稿したところ、 コメントやDMの勢いがスゴかったです(^^)

まぁ、何やら怪しい感じですからね。。。この写真。

何の石かは明かしていなかったんですけど、

最近の当店のイチオシと言うことで、 ぱっと見て「トルマリン」と思った人も多かったようですね(^^)

反応がよかったので、調子に乗って増やしました(^^)

ますます怪しい!!!

「てっきり、沖本店長が違う趣味に目覚めたのかと…」

心配する声もありました(^^;;;

しかし、最初のトルマリンという予想からは 違った石の名前も上がってますね(^^)

さらに調子に乗って、全部!!

まぁ、ここまで来るとさすがにわかったようです(^^)

そうです、この石は「インカローズ」

しかも、もはや幻となった、 アメリカはコロラド州スウィートホーム鉱山産の品です。

この産地はインカローズの最高峰とされ、 もう採掘はできないと聞いていました。

私も、10年前くらいのコロラド産インカローズは、 1〜2度だけ見たことがありますけれども、 買い付けることは叶いませんでした。

今回、幸運にも7つのルースを入手。

以前に見たコロラド産よりは、 色味が淡く、ピンクに見えます。

おそらく最高グレードではないと思いますが、 最近になって、どこからか放出された品だと思います。価格は以前に見たものと比べると、 半額以下でしたので。

しかし、石の透明度はすばらしく、 さすがのスウィートホーム!と言える逸品なんですよ。

インカローズは、デジタルカメラで色味を再現するのが難しいと感じていますので、これはぜひ、実物を見ていただきたいですね(^^)

魅了されること間違いなし!

すでに多くのお問い合わせをいただいており、 いくつかご成約もいただいています。

お早めに恵比寿店でご覧いただけましたら幸いです!(^^)


★店舗のご案内

https://psg.tokyo/xl/tenposp

★お問い合わせはこちら

メール: okimoto@premiumstonegallery.com


このインカローズ。

インカローズは縞のあるものを呼ぶそうなので、 これはインカローズとは言えないかもしれないですね。

本来の「ロードクロサイト」

宝石でもこう呼ばれますから、 これがふさわしいですね(^^)

P.S.

そういえば「インカのめざめ」って聞いたことあるな〜
と思ったら、ジャガイモの名前だった(^^;;

多くの人たちは、この記事を「 役に立った! 」と評価しています。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った! (2)
  • 役に立たなかった (0)

国内最高品質の天然石に会える空間
premium stone gallery
恵比寿本店

ネットショップに掲載している商品は全て店頭でご用意しております。気になる商品を実際に手に取って、並べて比較してご覧頂くことができます。「これだ!」というお目当ての商品がなかったとしても、色々と見てみたいという形でもまったく問題ございません。どうぞお気軽にご来店ください。天然石好きの方とお会いしてお話ができることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です