\毎日更新/ 新着商品コーナー

7/8新着|ほとばしる青い閃光!ブラック・ラブラドライト

本日の新着商品「ブラック・ラブラドライト」

こんにちは!

本日の新着商品は「ブラック・ラブラドライト」をご紹介します。

ラブラドライトは、シラー(青色の閃光)やイリデッセンス(虹色の遊色効果)が楽しめる天然石です。

これらの効果を「ラブラドレッセンス」と呼びます。

私は初めてこの石に出会ったとき、

「電池とライトでも仕込んでいるのか?」

と思うほどに、みごとに光り輝くこの石に一瞬で魅了された記憶があります。

ラブラドライトというと、通常はこのような色合いです。

本日の品「ブラックラブラドライト」は、ダークグレーからブラックを基調としたビーズを集めた品ですよ。

こちらの品です!

透明感は押さえつつ、ブラックが基調になっていますので、ブルーのシラーと虹色のイリデッセンスが、よりいっそ引き立ちます。

さらに今回のブラックラブラドライトは、キャッツアイ効果も楽しめるんですよ。

写真ではキャッツアイが見えにくいので、動画をご覧ください。

キャッツアイが見えましたか?

本当にカッコいい石です。

黒系の石が好きな方には特にオススメですね。

本日の新着商品「ブラックラブラドライト」は、7月8日よる9時にオンラインショップに掲載します。

ぜひチェックしてみてくださいね(^^)

7/8 21時に登場します

ラブラドライトとは・・・

青を基調とするシラー(閃光)や豊かな虹色のイリデッセンスが現れる石。この効果は「ラブラドレッセンス」と呼ばます。高温では均質だった結晶が冷えるにしたがって、ナトリウムが多い長石とカルシウムが多い長石に分離(離溶)して、それらが薄い膜をつくることで、光の干渉が起こり美しいシラーやイリデッセンスとなります。イリデッセンスを示さない透明な黄、オレンジ、赤、グリーンのものもあります。

ラブラドライトの産地について

カナダ、マダガスカル、フィンランドなどで産出されます。初めて産出されたのはカナダのラブラドール島。フィンランド産のシラーが強いものは「スペクトロライト」とも呼ばれます。南インドやマダガスカルでは、美しいイリデッセンスを持つ透明度の高い品が産出されます。

ラブラドライトの名前の由来

最初に産出された場所が、カナダのラブラドール島であったことから、この名前が付けられました。

ラブラドライトの取り扱いについて

硬度は高い石ですが、落下や長時間水につけることなどには注意が必要です。汚れは柔らかな布などで優しく拭き取ってください。

ラブラドライトの石言葉・効果・意味など

ラブラドライトの石言葉は、希望、幸運、疲労回復、創造性。

月や太陽を象徴する石です。高次の意識へアクセスすることを助けるため、うちに眠っていた潜在能力を引き出し、創造力を高めてくれるとされています。また、心の奥のネガティブな意識やストレスの解放、癒しにも力を発揮するとされます。変化を求めている人には良いかもしれませんね。

当店では天然石のパワーや効果を商品の性能として保証するものではありません。あくまでご参考としてご理解くださいませ。

ラブラドライト 誕生石

8月16日の誕生日石
6月11日の誕生日石(ホワイト・ラブラドライト)

ラブラドライトの鉱物データ

鉱物名anorthite (アノーサイト)
英語名Labradorite (ラブラドライト)
和名灰長石(かいちょうせき)
組成(Ca,Na)(Si,Al)4O8
光沢亜ガラス光沢
晶系三斜晶系
比重2.7
屈折率1.56-1.57
へき開完全(1方向)、良好(1方向)
硬度6-6.5
分散小さい

EBiS GEM 新商品「サファイア」

本日のEBiS GEM新着は「サファイア」が登場します!

パープルとブルーのコントラストが美しいラインナップですよ。

国内最高品質の天然石に会える空間
premium stone gallery
恵比寿本店

ネットショップに掲載している商品は全て店頭でご用意しております。気になる商品を実際に手に取って、並べて比較してご覧頂くことができます。「これだ!」というお目当ての商品がなかったとしても、色々と見てみたいという形でもまったく問題ございません。どうぞお気軽にご来店ください。天然石好きの方とお会いしてお話ができることを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。